2011/07/31

July 30

Thank you, McDonald!! lol

7月30日

現地時間の13時過ぎ、フィリピンのマニラ、ニノイ・アキノ空港に到着!!!
*なぜかブログに写真UPできないので、facebookをご覧ください。


新聞
飛行機の中では、フィリピンの新聞を眺めていました。
そこから分かった、ざっくりとしたフィリピン社会。

☆スマートフォン市場の活気
新聞広告で1番多かったのはスマートフォン関連(本体、アプリ)でした。
経済格差が激しいフィリピンで、携帯電話を持つのは都市部の中流階級以上の人だけだと思いますが…

☆モノづくりニッポン
日本企業の広告は、車と家電でしたねー。
特に車/バイクがすごい。TOYOTA,SUBARU,HONDA,NISSAN…
「Business」「Real estate」とか、テーマごとに紙面が分かれているのも特徴。
「Real estate」は途上国らしい、と思ってしまった。新しい高層マンションがたくさん!

乗り物
【飛行機】
毎度ながら、離陸直前の乱気流にやられて、吐き気ギリギリで到着。ふはー。
【バス】
迎えに来てくれた2人の現地AIESECer(AIESECの学生スタッフ:フィリピン大学UPD)と合流。空港前で、バスに乗車。
料金は、着席後に料金チケットを持った男の人が回ってきて、行き先を確認→料金分を購入、っていうシステム(っぽい。バス酔いしすぎて、ほとんど寝てました・・・激しい振動と急停車で・・・。)

あと、停車した時、2回違う男の人がバケツに入った豆菓子のようなものを売りに入ってきてました・・・。なんだったんだろー、あれ。

【ジープニー】
デコトラならぬ、デコバス。各々が個人経営なのかな?
人気はISUZU、ついでMITSUBISHI。

2人の「物乞い」に出会いました。
1人目:7歳くらいの少女。停車中のジープニーに乗り込み、全員のひざの上にA5ほどの、字の書かれた紙を置いてきました。
乗客8人が皆、その子の顔を見ようともしない。
1人の男性は、字が見えないように裏返す。
そして、少女は全員に配り終えると真っ先に私のところに来て、手を差し出しました。

動けなかったです。

その時、私はまだ大きなスーツケースを携えて、手にはデジタルカメラを持っていて、どうみても、「観光客」でした。

誰からも、もらえないと判断したその少女は、慣れた様子で、全ての紙を回収して、走行中のジープニーから降りていきました。

この間、全員、無言。

2人目:10歳くらいの女の子に手を引かれて、70代くらいの盲人の老婆が乗車口までやって来た。


「ここで与えれば、彼女と家族の数日の食事は補えるかもしれない。けど、それでは、彼女はまた物乞いを続けるだろう。」という、私の発展途上国の貧困問題への考え方もあって、私は渡さなかったし、これからも渡すつもりはないです。
・・・しかし、これでいいのかな?「外国人」だからこそ、渡すべき?・・・いや・・・うん・・・。

「あ、私はフィリピンにいるんだ。」と思わされた出来事でした。

****************************************

ジープニーは、正面に掲げられた紙に書かれた行き先に向かって行くので、自分の行き先にマッチしているジープニーに乗り込んで、降りたい場所を告げます。

実は、初めに乗ったジープニーは私の行き先と完全にはマッチしていなかったので、乗り換えなければなりませんでした。
ジープニーがたくさん通る場所に降ろしてもらったのですが、これがなかなか見つからない!!!
30分近く待っても見つからなかったので、タクシーに乗ることに。
【タクシー】{TOYOTAが人気<3
タクシーは、いい感じ!Comfotable!
まあ、日本のは想像しないでください。個人タクシーは、本当に自家用車の改造みたいなものです。

この時は現地スタッフが一緒だったから特に気にしませんでしたが、31日にインターン生の皆(全員が「外国人」)で乗るときは「料金メーターは元に戻したか?」「…まで行きたい。○○ペソ?いや、それは高い。××ペソにしないと乗らない。」という交渉アリ。
たった数十円ですが、ぼったくられるのは悔しいので・・・。

【トライサイク】{Kawasaki
バイクの脇に2人乗りのサイドカーのついた乗り物(画像ナシ)

夜、サイドカーのほうに2人乗りしたら、怖いのなんのってwwww
バイクのスピード速すぎるwwwww

Trainee houseから学校まで15分、8ペソ(約15円)

Jolibee
フィリピン版マクドナルド、Jolibee。
フィリピンに来てからKFC>Jolibee>マクドナルドの順に見ているかも。
現地スタッフいわく「Jolibeeは大人気!でも、私は最近はマクドナルドのほうがいいわ。だって、私の地元にはマックはなかったから。」日本で言うと、Jolibee=マック、マクドナルド=Moss?笑

実は、このJolibee、先日紹介した(アジアの経済情報誌「The Daily NNA 別冊 カンパサール」(http://news.nna.jp/))の中に記事がありました。
東南アジアを中心にグローバル展開している、フィリピンの外食チェーン大手。

味付けは・・・評判通り、ちょっと甘い。
白いソースが甘いのです。フルーティーな甘さ。

チキンバーガー、ポテト、ドリンクで77ペソ(≒140円)
うん、合格。

「野菜不足になる」という噂を真に受けて、野菜サプリメントを持参。
お世話になりますー。たぶん、9月頭まで、インターンシップ期間は必須かも。
Trainee houseにインターン生9人(女8:男1 、後日あと1人追加)と大家さん(?)の男性で生活しています。女の子は6畳ほどの部屋2つに分かれて、マットを敷いて雑魚寝。男の子は廊下で。(ごめん!)
立派なキッチンはあるけど、今のところ自炊はスクランブルエッグ止まりらしいです。食生活・・・。

虫(ごき)が出たり、トイレの水が逆流してあふれたり、洗濯物はもちろん手洗いで廊下に女の子下着が干されているけど、私は元気です。

私以外は7月25日までに集まって、既に研修先のオリエンテーションや旅行をしているから、早くCatch upしなくちゃー。焦るる。

6 comments:

  1. ともちゃん!
    ついに到着したんだね^^

    物乞いの人に対する接し方は考えるよね…現地の人に聞いたら、食べ物は持ってたらあげるけどお金は使い方を知らないのにあげても意味がないからあげない。。って人が多かったような気がする。私も未だに戸惑ってるけど^^;

    他の研修生さんも周りにいるようだし、いろいろな人からいろんなことを学んでいい研修になるよう祈ってます★
    お互い頑張ろう♪

    ReplyDelete
  2. フィリピンに無事到着されたということを知って、一安心したとともに、非常にうらやましく思います。
    ジープニーとかタクシーとか乗るときは、乗客を観察すると安全ですよ。外国人は狙われやすいので、なるべく人が多いものに乗ったり、現地の人間と一緒に乗るといいかもしれません!
    あとは、おりたい場所で、「アテ!アテ!」って言うとおろしてくれた覚えがあるので活用してみてください!

    ReplyDelete
  3. 無事到着おめでとうございます。

    物乞いなー。
    教会の人(アクロスは書類上はカトリック教徒です)は、「一人にあげるとみんなついてくるからあげない」っつてたな。
    あげちゃうと「くれる人だ」って、目をつけられるんだろうね。

    では、楽しんできてください。

    ReplyDelete
  4. Jolibee懐かしいwwww
    お店のお姉さんが凄い笑顔だなって思ったら、めっちゃ笑われてた衝撃priceless

    フィリピン楽しんでるようで嬉しいっす(^∀^)
    もっともっとエンジョイしてしまえ☆

    ReplyDelete
  5. コメントありすぎてかけません!笑
    早く帰って来てくださいw
    いっぱい話したいです(*^^*)

    ReplyDelete
  6. Kaori
    Kaoriのブログで予習したよ!笑
    あー、なるほど、食べものね。うん、それなら大丈夫…かも。ただ、1人にあげると…って考えたら、コッソリしか無理だね。

    お互いマニラ充しましょう★

    Yudai
    ありがとー!!!
    そうだねー。不用意に財布を出したりしないように気をつけています。

    「アテ!アテ!」^^
    次、試してみるわー。
    タガログ語も少し覚えたよ♪

    Acros
    ありがとう:))
    「1人にあげると…」そこなんだよねー。うむむ。

    基本、楽しんでます!!(^ω^)うほほーい←

    しそ
    おー!!元気?ありがとう!!

    なにそれ、priceless!wwww
    マックのコーヒーにデフォついてくる砂糖とミルクの量が半端ないです。なんでもかんでも甘くて、糖尿病になりそうです(^q^)

    Yufuko
    いつもコメントありがとう!!☆
    まだ帰らないしwwww

    落ち着いたらskypeしたいねー。
    とりあえず、メール返しますみません!←

    ReplyDelete