2011/08/03

携帯電話とインターネット

今回は、現代人の生命線!携帯電話とインターネット環境についてです。

携帯電話

SIMカードは普通にスーパーで売っています。1枚40ペソ(≒80円)
しかし、さすがガラパゴス規格のニッポン携帯。私のSHA○PのガラケーではUNAVAILABLE(無効)でした・・・。

毎週、月→火はホームステイなのですが、ステイ先は私たちが集団生活するTrainee houseからはMRT、LRT(高速鉄道)を乗り継ぐほど遠くにあり、更に1つの地区に2~3人ずつに別れて行くため学生同士・ESAの先生・host familyとの連絡手段が必須。
急場しのぎで、月曜日の朝、大家兼世話係のBobbyの携帯電話を貸してもらいました。\NOKIA/

SMS、電話番号だけで短文メッセージが送れます。
通話料などはプリペイドカード方式で、1000ペソ(≒2000円)のカードを購入して、カードの裏に書かれた番号に電話をかけると、その金額分が使えるように設定されます。

特に、私はNOT PERFECTなENGLISHで、口頭で言われても要領を得ないことが多いため、ステイ先から帰宅する時も「When you leave here? What time?」と、同地区でステイしているSusanとEvaに連絡をして、一緒に帰ってきました。・・・よかった。(たぶん、既に確認済みのことだったみたいなのですが・・・orz)

2日にMALLで携帯電話購入。
1番安いもので、875ペソ(≒1600円)\SAMSUNG/
シンプルで使いやすいです。ほんと、これで十分だわー。

インターネット

インターネット環境は、ぼちぼちです。
日本語は持参したノートPCでないと打てないので、BLOGの記事は全てノートPCで。
*Internet café
Trainee houseから徒歩2分のところに7台だけPCが置いてあるInternet caféがあります。30分10ペソ(≒20円)。
そこそこ快適インターネット。USB使用可。

*McDonald
徒歩10分のところにFREE wifiのマック様!…と思ったけど、Very slow!です。
毎回5人くらいの集団で使うからかな・・・。
重くて不安定すぎて、逆にイライラします。

日本語Tweet、日本語でメール返信、BLOGのコメント返信…など用途を限って、効率的にやらなくちゃなりません。
マックは24h OPENですが、治安が懸念されるので、必ず集団で行き、あまり深夜まではいられないので時間の制約があります。

*Malabon
ステイ先のMalabon cityの家庭にInternetが使える立派なPCがある件。
ぶっちゃけ、PCの周りだけ異空間です。(貧困家庭的な意味で)
出稼ぎ中の長男が購入してくれたそうです。快適インターネット!



あと、フィリピン人は7歳くらいの子供までみんな自分のfacebookアカウントをもっています。
私は既に、lang-8で知り合った11歳のアメリカ人のfacebook友達がいたけど、まさかのフィリピン。
帰宅して、リビングでそのことについて話していたらBobbyに「なんでだと思った?」と聞かれて、私は「フィリピン人は、宗教的な関係の家族(ex:名付け親)もあり、大家族でネットワークが重要視しているから?」と答えました。
(…会話の中で、意見を求められるのは、大変だけど嬉しいこと。私の英語を理解しようと真剣に聞いてくれます:)

写真はfacebook

No comments:

Post a Comment