2011/08/16

Classroom Lecture

Every Thursday, we go to ESA(Entrepreneurs School of Asia) and have classes.



毎週木曜日はESAで授業です。
基本の構成は
*Social Development (社会開発)
*Business Ethics (ビジネス倫理)
*Filipino culture (フィリピン文化)
あと、先生1人がファシリテーター(進行)をしながら、インターン生10人で議論するフリートークがあったりもします。

【Social Development】
△The role of the individuals in Social Development(SD)
△The role of the SD in community transformation
△The connection between SD and business
△Using business as a tool for development

【Business Ethics】
私の1番興味のある分野です。
今まで2回の講義は、「Ethics(倫理)とは何か?」という考え方の基礎でした。
また、”Right(正しい)”とは何か、その基準は何なのか、ということを2つのアプローチで考察しました。
A:Consequentialist Approach
B:Non-Consequentialist Approach

Consequentialistは名詞Consequenceの派生語ですが、
≪Consequence≫
(1)(必然の)結果、成り行き、影響
(2)(人・事の影響などの)重要さ、重大さ
(3)(議論などの)結論、帰結

A=The result determines what is “Right”. (結果が”正しい”を決定する)
B=”Right” doesn’t depend on result. (“正しい”は結果に基づくものではない)

…と、かなり学術的な講義です。単語が難しいです。でも、専門分野だから、推測しながら理解できています。

大変だけど、楽しいです。
フィリピン企業独特の倫理観を、事例を挙げながら説明してほしいなー。頼んでみます。
Ex:日本企業独特の倫理観=年功序列、チームワーク、カイゼン、先義後利 などなど

【Filipino culture】
*フィリピン人の恋愛観
*フィリピン人の家族システム
の講義が今までにありました。
この授業、先生が独特。
25歳で子持ちの女の先生で、常にハイテンションで凄く早口。
恋愛観の授業は熱かったです。主観と経験談を混ぜ込みすぎ(笑)


【Free talk】
Social Developmentとフィリピンの貧困について、これまでの経験を踏まえてフリートーク。

ついつい聞き役にまわっちゃうけど、自分から手を挙げましたー。声震えたよー。途中泣きそうダッタヨー(;´д`)たどたどしくて分かりづらい英語なのに、最後までしゃべらせてくれて、ありがとうー。

今現在の私の考え:
Social Developmentとは?
“Social Development”は、マクロ経済学的な概念。
具体的には「GDPが向上すること=Social Development」
個人の幸福度、経済格差は関係なく、「国全体の」GDPの向上。

KeywordはSustainability(永続性)
開発途上国が、永続性(持続性)ある成長をするためには、外国資本に依存し続けず、本国資本の企業、団体、政府が自立していかなければならない。
しかし、現在のフィリピンは政府・民間企業・NPO/NGO(第1~3セクター)全てにおいて外国に依存している度合いが高い。
では、フィリピンは自立できないほど経済力の無い国なのか?
そうとは言えない。なぜなら、貧困層は路上生活やそれに近い暮らしをしているが、富める者は富み、一般的な日本人やそれ以上の生活水準にある。

この経済格差の原因は何なのか?
資本主義の当然の帰結?
不十分な社会インフラ・制度で分配が不十分?←政治、行政

フィリピン人はCommunity(近所、家族など)の意識がとても強い」と感じているので、「経済格差」は矛盾していると感じます。皮肉?

「何が、富める者とそうでないものを隔てているのか?」
これが、今の私の疑問です。



Povertyとは?
Poverty(貧困)の定義は、分かりやすいのは所得や生活水準の平均値から算出した基準値(えx:貧困ライン)以下であること。
結局、「貧困」は何か(社会全体)と比較して、そこで順番をつけて、生まれる概念。
「心の豊かさ」と「経済的豊かさ」とはよく言うけれど、今はそれを感じています。経済的(社会的)に「貧困」とされる人や家庭でも幸せなところは、幸せ。

とはいえ、経済的貧困は物的充足を満たせないというのも事実。
うむむむむ。


かなり長文かつ駄文になってしまいましたが、最後まで読んで下さってありがとうございます。
途上国開発や貧困問題は専門じゃないので、悩んでいます。皆さんの意見もお聞きしたいです。コメントお待ちしています。

4 comments:

  1. Nice to meet you. My name is Shintaro Tawata, native japanese.
    I am learning english by myself and keep learning for 1 year.
    I think that philipin need educational scholarship program to enhance education level.
    Japan is multicultural island and many foreiner feel it difficult to understand japanese.
    So I think that japan have to put into philipin people scholarship and us(japan) and they will can understand each other and converse knoleage systems.
    Internet is very useful for this communication. So i recommend e-learning.
    Sorry for my poor english skill. Thank you for reading.

    ReplyDelete
  2. Nice to meet you! Thank you, Shintaro Tawata.
    I’m sorry, I couldn’t understand this sentence, “Japan has to put into Filipino people scholarship and Japanese”. You mean 「日本はフィリピン人と日本人に奨学金制度を与えなくてはならない。」, right?
    I agree with your recommendation of E-learning. It will save their cost and time :) Actually, more than 2 hours take for some students to go to school. And Filipino people are familiar with the Internet. Even 6 y
    ears-old girl has her own facebook account!(She is not rich.)

    ReplyDelete
  3. こんばんは、dson1975です。

    以前、自分も知り合いと、フィリピンの経済格差について話した事がありましたので、その事について記載します。

    フィリピンの経済格差の原因は植民地時代まで遡ると聞きました。
    理由としては、下記の通りです。

    1.植民地時代に、支配国の人々と、土着の人々でまず経済格差が出来る。

    2.支配国の人と近い人(結婚や仕事を一緒にしている人)が、裕福になっていく。

    3.上記の裕福な人と、裕福でない人の差が広がる。

    4.独立後も、植民地期に形成された二階層的社会構造が長く続いた。

    とのことでした。

    また、近年、中間層が増えたと言われますが、増えたのは都市部であり、農村部との格差は改善されていないと言われています。
    理由としては、教育があげられます。
    英語を話す国民と、話さない国民とでは、チャンスの量が違います。
    特に、裕福層は、子供の教育に力を入れており、貧困層との差は広がる一方で、階層の固定化が進んでいるとのことです。


    この経済格差の解決策としては、地道ですが貧困層への教育が一番良いのではと考えます。

    駄文・長文ですがご容赦ください。

    以上です。

    ReplyDelete
  4. dson1975さん、ありがとうございます!!!いつもお世話になっています!!

    植民地時代にまで遡るとは!!
    二階層的社会構造…以前、Twitterで別の方からも情報を頂いたのですが、フィリピン南部のセブ島付近だと社会的地位(身分)が言葉などでハッキリ区別がつくらしいです。

    階層の固定化…。意外と、フィリピン人からは聞かない話でした。私が話を聞いた何人かは「仕事に対してlazy(怠惰)な人が多いからだ」という話をしていました。

    とても分かりやすかったです。コメントありがとうございました!!

    ReplyDelete