2011/09/11

成果

今回は、「成果」の話です。
マニラでの5週間は、本当に気付きと学びが多く、自分を変えるかけがえのない時間でした。
その一方で、私がインターンシップ生として残せた「成果」は何だったのだろうか、と悔しい思いをしています。

特に、ホームステイ先のお母さんの仕事。
これまでにも何度か紹介していますが、彼女のビジネスは"Bayong"と呼ばれる、梱包用のプラスチックテープを再利用したカゴを作って売ること。普通、bayongは野菜や果物を入れて市場などに運ぶための商用なのですが、彼女はデザインを大きく変えてファッション性のある鞄を作っています。

一般的な商用bayongは直接市場で販売し、ファッション鞄はEntrepreneur School of Asia(以下ESA)に委託販売しています。
ここに問題が。何と、彼女たち作り手は市場販売価格を明確に知らされていないのです。更に、売り上げ利益も管理され、自由に使えないとのこと。そのため、材料費のために赤字になることもしばしば。また、カタログの製作をESAに頼んだところ、出来上がったのはカタログとは到底呼べないレベルのもの。

ESAは彼女らを"Micro Entrepreneur"と呼んでサポートしているにも関わらず、実際には彼女らを「使っている」状態。(全てのケースは把握していませんが、bayong作りのMalabon在住のメンバーはその状態でした。)
「自立」させることが目的では無いのか?ただ、利益が目的なのか??

恥ずかしい話ですが、このことに気づいて彼女たち作り手から詳しい話を直接聞いたのが遅すぎて、ESA側に対して意見すること無くインターンを終えてしまいました。
これからどうすべきなのかは自明なのですが、そこに踏み切れない自分がいる。

今、「何か出来ること」を考えあぐねた結果、新たなカタログ作りやネット上での販売、広告の手伝いをしようと動いています。
まず、既存のカタログに使われていた写真が簡素なものだったので「モデルを用いて、実際に使用した時のイメージを持たせたほうがいい」と話し、例に写真を撮ってメールで送っています。facebook上でもリンク付きで公開しています。

Do you like this bag? "Inno Bayong" 




何もしないよりは何かやったほうがいい。というのは、そうなのですが、なんか、駄目だな…。
私の5週間の「成果」って一体何だったのだろう。
悔しさと恥ずかしさばかりです。これを次に生かすのか、それともこの件に対するアプローチを続けて、これから成果を掴みにいくのか。最良の選択肢は見えているハズなのに、自信がなくまごついている自分がいます。


弱い。まだまだ。

No comments:

Post a Comment