2011/10/20

学校は韓国資本~学生の国籍

私の通った語学学校Philinterは韓国人がオーナーです。
フィリピンでの語学学校の多くは韓国資本。つまり、フィリピンにおける英語教育ビジネスでは日本より韓国が先行しているということですね。
Philinterは「韓国人生徒が8割以上」と「校長は日本滞在15年の経験アリ!」という2つを強調しています。

生徒の国籍と留学理由
実際は、韓国50%、日本45%、台湾5%、ベトナム1%
特に私の滞在時(9月4日-10月8日)は大学の夏休み期間だったこともあり、新入生は半数以上が日本人の週も。日本人新入生の8割は大学生。大学生の平均滞在期間は2-3週間。日本の社会人は有給利用で1週間、もしくは会社の研修プログラム利用で2週間。日本人で長期留学をしているのは、大学休学かフリーター(20代後半)、欧米留学予定(IELTS対策)。引退後に夫婦で、という方も。

韓国人学生も大学生など20代。韓国の大学では休学期間に大学に授業料を納めなくていいため、在学中に留学やワーキングホリデーで1年の休学をとる学生が多いそうです。(日本の大学もそうなればいいのに…。休学中も多額の授業料を納める必要があるため、休学もためらわれます。)韓国人学生の多くが、
フィリピン語学留学(3ヶ月~)
→オーストラリア、カナダ等の語学学校(数ヶ月)
→現地でワーキングホリデー
というパターンです。
まず、授業料の安いフィリピンで基礎を作ってから、オーストラリア等ネイティブ圏の語学学校に移動。現地の語学学校在学中に職探し、ワーキングホリデー開始。

台湾人は20代後半のお姉さんたちがほとんどで、多くがオーストラリアでの数年のワーキングホリデーを経ての入学。「ワーキングホリデー査証に年齢制限があるから、そろそろ台湾に戻って安定した職探しをするわ。」とのことでした。
ルームメイトと。台湾人のお姉ちゃん。
同じ日に入学で、私が卒業までずっと一緒でした。

「校長先生」を校内で見かけたのは週1未満。
校長先生は顔も分かりません。おわり。
…他にも数校の語学学校を経営しているため、多忙みたいです。

学食
まあ、「校長先生ありがとう!」と思えたのは、学食に味噌汁がでたことです。
しかし、大半は韓国料理。
(朝ごはん)食パン(+ピーナッツバター、パイナップルジャム、グアバジャム)、おかゆ、スープが定番。週2くらいでホットドッグ。
(昼ごはん、夜ごはん)必ずどちらかにはキムチが出ます。キムチも白菜、大根などバラエティ豊か。ビビンパや韓国の麺料理(素麺?)も。しかし、料理人はフィリピン人のため、たまに韓国人も首をひねっていました。
「キムチスープ」は「キムチ+お湯」
「キムチチャーハン」は「キムチ+ごはん」

フィリピン料理はパンシット(ビーフン焼きそば)くらいです。これ、すごく好きです。
私は、食べられれば大体「美味しい!」の、手間のかからない子ですが、特に、日本人の若い女の子は「美味しくない!」「食べられない!」といって外食を繰り返していました。ご注意ください。でも、物価が安いので、500円前後でレストランでお腹いっぱいです。

日本人・韓国人スタッフ
スタッフは1人、韓国人は2人いました。英語に自信の無い方でも、きちんと日本人(韓国人)マネージャーとコミュニケーションを取っていれば、生活で困ることはありません。




ご意見・ご質問、コメント欄によろしくお願いします(・∀・)/

No comments:

Post a Comment