2012/06/18

1年後ロングインタビュー

フィリピン、マニラでのインターンシップから約1年。
お世話になった海外インターンシップ斡旋NPO「AIESEC」の学生スタッフからインタビューを受けました。
以下は、その記録。


―――――――――――――――――――――――
インタビュー協力者:Tomo
日時:201269日 午前1100分から1215
録音時間:1時間1525
―――――――――――――――――――――――
目的:海外インターンシップで得られる将来につながるものが何か、それはインターン中のどの経験から得られるものなのか聞き取る
インタビュー時の状況:
Tomo:現在、総合政策学部の4年生。20118月から6週間、フィリピンのビジネススクールにてインターンシップに参加していた。
―――――――――――――――――――――――
※一部加筆修正アリですが、基本的には話した音声そのままのため、読みづらい点が多いです。
紺色の字をクリックすると、関連記事が開きます。


Tomo(以下T: じゃあよろしくお願いします。
インタビュアー Mさん(以下M: よろしくお願いします。今日は、テーマが海外インターンシップで得られるものが何で、その何かは、海外インターンシップっていろんな要素があると思うんですけど、その要素のどこから得られるものなのかってのを詳しく聞きたいんですよね。読ませてもらった、JWI、
T : JWI、
T : ああさらに、JWIの友達がインタビューしてくれましたみたいなやつだよね。
M:はい、獨協大学の。
T : はい、そうですそうです。
M:それを、もとに聞いていきたいかと思っているんですけど。
T : はい、じゃあもうどんどん聞いてください。具体的に。